あさくさ 梅源の、全て手作りの絶品お菓子 / 東京 浅草 1907年創業 (明治40年)

高級店から大衆店、甘味・軽食・ディナーまで何でも老舗で揃えられる街、浅草。そんな浅草の和菓子の老舗にお伺いました。

1907年創業、機械を一切使わずお菓子を作り続ける  江戸昔菓子あさくさ 梅源

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩5分。銀座線 田原町駅から徒歩10分ほどの場所、西浅草エリアにある和菓子店 江戸昔菓子 あさくさ 梅源。1907年(明治40年)に初代 源兵衛氏が神田龍閑町にて、お菓子の製造卸売り業として創業されたお店です。1927年(昭和2年)に現在の西浅草の地に移り、1992年(平成4年)より小売業を始められました。

お店は合羽橋のメインストリートの裏手辺りにあります。とてもひっそりと佇んでいるようなお店。 中に入ると沢山のお菓子が並んでいました。梅源さん、全ての工程に機械を使わない、完全手造りのお店だそう。
今回は看板商品である”きんつば”と、”あぶり芋”を購入。こちらが”きんつば”です。自然な甘みが広がる上品な味。これぐらいの控えめな感じ、大好き。 そしてあぶり芋。こちらは”きんつば”よりも更に上品な味。柔らかい芋を噛みしめていると、奥からじんわりと甘さがやってくる、そんな味。タイムスリップした江戸時代の人から、美味しいでしょこれ?と届けてもらった、みたいな感情を覚えます。美味しい。
こちらの梅源さんを知ったきっかけは、実は”和菓子の「あさくさ梅源」がハラール認証を取得“というニュースから、でした。ハラール認証を受ける和菓子屋さんがあるんだ!と驚いて、中身を読んでみたら、

創業100年以上、浅草にある梅源が御徒町モスクが運営するジャパンハラールファンデーションにてハラール認証を取得した。

とあり、しかも老舗なのか!と二度目のビックリでお店に訪問することになりました。昔ながらの丁寧な仕事と、ハラール認証を得る新しい取り組みの姿勢に、ちょっとグッと来てしまいます。攻めつつも守る、そんな老舗は訪問していて楽しいですよね。

——- 江戸昔菓子あさくさ 梅源 基本情報———-
〇創業年 1907年創業 / 明治40年創業
〇営業時間
火~金曜日11:00~18:30
土曜日11:00~18:00
日・祝日11:00~16:00
※三社祭、月曜日(祝日の際は営業致します。翌日が振り替え休日) 定休日
〇住所
東京都台東区西浅草3-10-55
(公式Facebookページ)⇒ 江戸昔菓子あさくさ 梅 源

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です