宇田味噌製造所で買った冨士味噌の麦みその美味しさよ! / 高知 高知市 1919年創業 (大正8年)

高知県の県庁所在地である高知市は、江戸時代には山内一豊以来の山内家が治めた土佐藩の城下町として発展し、初期には野中兼山や末期には吉田東洋などの名家老を、幕末には藩主・山内豊信(容堂)や坂本龍馬・武市半平太・中岡慎太郎等の幕末の志士を、明治には板垣退助・後藤象二郎等の政治家を輩出。地名は、現・高知市の川に挟まれた地の城が、河中山城(こうちやましろ)から高智山城を経て高知城と呼ばれるようななったことが由来とされています。幕末から明治期の志士・政治家等の生誕地・旧宅跡等の観光名所が数多く存在し、全国に波及した毎年8月開催のよさこい祭りは一大イベントとなっています。鰹節・清酒などの特産品や、皿鉢料理・鰹土佐造り・鰹たたき・うつぼ料理・堅干(けんぴ)等の郷土料理・菓子も多く、県内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが多数点在しています。

1919年創業、天然醸造で味噌を作り続ける 宇田味噌製造所

上町二丁目駅から徒歩2分、高知駅から車で10分ほどの場所にある 宇田味噌製造所。1919年(大正8年)に創業された、天然醸造にこだわる100年を迎えた老舗味噌店です。冨士味噌という名前のお味噌を販売されています。火入れによる殺菌減菌処理、アルコール添加等による殺菌減菌処理を行っていない、酵母が生きてるお味噌であるとのこと。

という、宇田味噌製造所の外観。年季が入っています。 店頭にこんな感じでお味噌が並んでいました。米味噌・麦味噌が売っていました。どちらにしようか悩んだ結果、麦味噌をチョイス。四国も一部麦味噌文化圏ですしね。

パッケージはこんな感じ。シンプルながらカワイイ。糀の委託サービスやっているとの告知も入ってます。 常温で持ち歩いたので、少し色見が濃くなっていました。

今回おみそ汁にして使ったのですが、麦味噌の上品な甘さとコクがあって本当に美味しいお味噌でした。何だか昔ながらの味がするなぁ、って、私は麦味噌育ちではないですが、そんな印象を受ける味。日本人のDNAに刻まれている何かに作用するのかもしれません。手軽に買えるならリピートしたいな。

——- 宇田味噌製造所 (冨士味噌) 基本情報———-
〇創業年 1919年創業 / 大正8年創業
〇営業時間
・9:00~18:00
※日曜・祝日 定休日
〇住所
高知県高知市上町37-27
(公式サイト)⇒ 宇田味噌製造所 – Fuji MISO Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です