築地 木村屋の牛すじ玉ねぎカレーパンと、あんパン。どっちも最高! / 東京 築地 1910年創業 (明治43年)

かつて世界一の魚市場として知られていた築地。市場は豊洲へと移転してしまいましたが、今も築地に残っている築地場外市場をはじめ、様々な老舗が今も築地で営業しています。

1910年創業、銀座木村屋からの暖簾分け店 築地 木村家 ペストリーショップ本店

築地駅から徒歩1分ほど、東銀座駅から徒歩10分ほどの場所にある 築地 木村家 ペストリーショップ本店。名前からわかる通り、あの銀座 木村屋さんからの暖簾分け店で、1910年(明治43年)に創業されています。木村屋さん系列なので、あんパンは人気商品の一つです。

という築地 木村家 ペストリーショップ本店の外観はこちら。看板はケシあんパン推し!

もう少し店舗に近づくと、TV・雑誌でおなじみのカレーパンのノボリが。美味しいそう!

店内に入りました。沢山の種類のあんパンがセット。12個入りで1000円ってかなりお得ですね。

壁側にはお総菜パンがずらり。どれも欲しくなっちゃいますね…。
今回は初志貫徹で、牛すじ玉ねぎカレーパンと、あんパンを購入してきました。こちらがカレーパンです。 カレーパンの裏側には、築地木村屋さんのご紹介と、カレーパンのご紹介が。このカレーパン、牛すじがトロトロになるまで煮込んであって、超美味しいんです!(中身を撮り忘れました…)

そしてこちらがアンパン。とある会社の打ち合わせに持ち込んだの沢山入ったものを購入しました。

取り出してみた図。ケシの実がいい感じにまぶされています。

木村屋さんでは、ケシの実=こしあん、胡麻=粒あんと使い分けられていらっしゃるそうです。ので、こちらはこしあん入りでした。この甘さ控えめな感じが最高ですよねぇ。木村屋さんのあんぱん、見かけると買いたい衝動が抑えられなくって困りますw。なのに築地 木村屋さんの場合は、カレーパンまで誘惑してくるんですよ。困っちゃいますね。つい両方買ってしまいますw。
カレーパンも、アンパンも、丁寧に作られた上品な味がして、おやつに食べていると何だかとってもリラックスした気分になれます。日本が誇る総菜パンの威力がここに詰まっているというか…。ただただ最高でした。また行きます。

——-築地 木村家 ペストリーショップ本店 基本情報———-
〇創業年 1910年創業 / 明治43年創業
〇営業時間
・7:00~20:00
※日曜 定休日
〇住所
東京都中央区築地2-10-9
(公式サイト) ⇒ パン |お土産 | 築地 木村家 ペストリーショップ本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です