豆舗 梅林堂の、いり豆は止まらなくなる / 東京 浅草 1876年創業 (明治9年)

高級店から大衆店、甘味・軽食・ディナーまで何でも老舗で揃えられる街、浅草。そんな浅草の仲見世通りにある老舗にお伺いしました。

1876年創業、仲見世通りの入り口で商売を続ける 豆舗 梅林堂

銀座線 浅草駅から徒歩2分ほど、仲見世通りの1軒目、雷門の真裏にある 豆舗 梅林堂。1876年(明治9年)に創業された、豆一筋で100年以上営業されているお店です。仲見世通りは1885年(明治18年)に東京府に全店取り払いを命じられ、同年12月に近代仲見世に再建された、という歴史を持っています。豆舗 梅林堂さんが1876年創業ということは、今の仲見世の姿になる前から営業している、かなり歴史の長いお店である、ということなのでしょうね。

こちらが店舗外観。仲見世の人通りが多い中で、奇跡的に人がいないショットです!(寄り目は人が沢山い過ぎて撮れませんでした) 豆の種類は10種類前後ありました。迷った結果2つ購入。こんな感じで緑の包装紙に入れてくれます。
購入したものその1、カレー豆。カレーの味がほんのり香る美味いやつ。手が止まらずずっと食べてましたw。購入したものその2、かた豆。そら豆を皮ごといった豆だそうで、お店の方にお薦めしてもらいました。昔ながら感が最高。
老舗巡りを始めて、いり豆を食べることが増えましたが、いり豆、おやつにもお土産にも最高ですね。美味しい上、体に良さそうだし(多分)、日持ちもするので、ちょうど良いなぁと。お茶にもお酒にも合うのも素敵。夏場ビールと一緒に食べるとかも良さそうですね。

——- 豆舗 梅林堂 基本情報———-
〇創業年 1876年創業 / 明治9年創業
〇営業時間
10:00~18:00
※火曜日 定休日
〇住所
東京都台東区浅草1-18-2
(食べログ)⇒ 豆舗 梅林堂 – 浅草/和菓子 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です