鳥かど家のランチうな丼 / 東京 新橋 1912年創業 (大正元年)

東京駅から電車で5分ちょっとの場所にある新橋にも、いくつかの老舗があります。今回は鳥かど家さんにお伺いしました。

1912年創業、鳥と鰻が自慢の鳥かど家

新橋駅から御成門、虎ノ門方面へ5分ほど歩いた位置に鳥かど家さんはあります。切腹最中で有名な、新正堂さんの裏手辺りにある、といえば伝わりやすいでしょうか。鳥かど家と新正堂さんは、偶然ですが共に大正元年(1912年)創業の老舗同士です。

鳥かど家という名前ですが、角地にある訳ではありません。元々鳥料理のお店としてスタートし、鰻も扱うようになったそうです。今は鳥と鰻の2つの名物料理を持つお店になっています。

お昼は鰻メニューが充実しています。ランチタイムのみオーダー可能な、ランチうな丼がまだ残っていたので、今回はランチうな丼をオーダーしました。老舗の味が2000円以下で食べられるお得メニューです。

少しより目のカット。タレがたっぷりと掛かっています。

鳥かど家さんは、タレに特徴があり、甘さと同時にやや酸味があり、甘めのタレに慣れている私にとっては少し驚く味ですが、食べすすめるとご飯の良く進む、流石老舗の味だ、と納得させられました。
また鰻は本当にふっくら。注文があってから蒸し、そして焼いているので、少し時間がかかるのですが、その結果としてこの柔らかさなのであれば、待つ価値がある、と皆さん思えるのではないでしょうか。新橋で鰻かな、という気分の時に、ぜひご利用下さい。

———鳥かど家 基本情報———-
〇創業年 大正元年創業 / 1912年創業
〇営業時間
11:00~14:00
17:00~20:00
※ 土、日、祝定休
〇住所
東京都港区新橋4-27-9新橋スズキビル1F
(新橋ねっと)⇒ 鳥かど家 | 店舗情報 | 新橋タウン情報 新橋ねっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です