川崎屋 東照の可愛い色付き最中 / 神奈川 川崎 1913年創業 (大正2年)

古くは東海道53次の川崎宿として、今は東京・横浜のベッドタウンとして栄える川崎。人口100万人を超えるこの街にも、老舗が点在しています。

1913年創業、色付き最中が可愛い川崎屋 東照

JR川崎駅から約10分弱歩いた、旧東海道沿いにあるのが、和菓子屋 川崎屋 東照。大正2年の創業以来、川崎のこの場所でずっと営業されています。元々東照という名前だったそうですが、川崎の人に愛されるように、と、川崎屋と頭につけるようになったそうです。今では川崎にちなんだお菓子をたくさん販売されています。

こちらが店舗外観。交差点の角にあるお店です。

お菓子だけでなく奈良茶飯もありますよ。
入ってまず目に飛び込んできたのが、季月最中。凄く奇麗な色をした最中なんです。これはプレゼント向きにピッタリ。

もう一つ気になったのが、川崎でたまに見かける「かわっぴら餅」。東照さんが販売されているお菓子だったのですね。

他にも、上生菓子やどら焼きも売ってます。中々幅広いラインナップ!

今回は名物のかわっぴら餅と、季月最中を購入。かわっぴら餅は、平べったい独自なフォルムなお餅です。手に取るとこんな感じ。ちょっと面白い形状ですよね。よもぎのお餅に、餡子が入ってる美味しいお餅です。

そして季月最中。四個入りを購入しました。箱から可愛い。包装紙を取ると真っ赤な箱。かっこいいですねぇ。中身はこんな感じ。通常の最中2つ(粒あん)と、みどり(漉し餡)とピンク(キャラメル)が一つずつの計4個です。こちらが粒あんの最中。丸い小ぶりのフォルムが可愛い。

そして、ピンク&グリーン。発色具合が超かわいい!

ピンクの中身のキャラメルはこんな感じ。洋菓子なのか和菓子なのか悩む味ですが、美味しいは正義です。

川崎駅近辺に何店舗か構える東照さんは、川崎を題材にしたお菓子、また、見た目のカワイイお菓子が沢山そろっていて、お土産屋さんとして使いやすそうな印象でした。実際、季月最中はお土産で使ったのですが、「かわいー」の声があがってちょっと嬉しかったです。川崎で何か探される際には、一つのチョイスとして検討されるのも良いかと思います。

———東照 基本情報———-
〇創業年 大正2年 / 1913年創業
〇営業時間
9:00~19:00
※無休
〇住所
神奈川県川崎市川崎区本町1-8-9
(公式サイト)⇒川崎屋 東照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です