寿々喜家のシナモンドウナツが美味しかった / 神奈川 横浜 1900年創業 (明治33年)

およそ150年前に開港した横浜。今横浜中華街として知られる場所は、元々外国人居留地であり、海外の文化の受け入れ口となりました。今回はそんな横浜にある老舗和菓子店へ伺いました。

1900年創業、平沼の地で100年超和菓子店を営まれている 寿々喜家

横浜市営地下鉄 高島町駅から徒歩3分ほど、横浜駅から徒歩10分ほどの場所にあるのが 寿々喜家。1900年(明治33年)から、平沼の地で営業されている和菓子店です。先日ご紹介した1920年創業 平沼 田中屋さんから徒歩1分の場所にあります。

店舗外観はこんな感じ。ずっとクルマが横付けされていて、正面カットはあんまり撮れず…。看板右側に創業明治33年と記載があります。

ディスp例はこんな感じ。看板メニューの一つどら焼きも。どら焼きを買おうか悩んでいたところ、ディスプレイ上部のシナモンドウナツが目に飛び込んできました。3代目の方が開発し、既に50年以上の歴史のある商品なのだとか。そんな説明を知ってしまうと欲しくなりますよね…。 ということで買ってきました、シナモンドウナツ。船のマークが横浜っぽくてカワイイですね。 中身はこんな感じ。ドウナツといっても真ん中に穴は開いていないタイプ。シナモンたっぷりで美味しい。コーヒー飲みたくなるなぁ。

平沼 田中屋さんのページで書きましたが、平沼エリアは裏横浜と呼び地域活性化に取り組んでいらっしゃいます。かつて平沼には京急平沼駅があり、商店街も今以上の盛り上がりがあったとのこと。そんな平沼の老舗和菓子店、また行きたいと思います。

——- 寿々喜家 基本情報———-
〇創業年 1900年創業 / 明治33年創業
〇営業時間
8:45~20:00
※定休日なし
〇住所
神奈川県横浜市西区平沼1-6-20 
(食べログ)⇒ 寿々喜家 (スズキヤ) – 高島町/和菓子 [食べログ]

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です