千葉の地物を使った寿司を提供する寿し林屋 / 千葉 市川 1874年創業 (明治7年)

千葉県北西部にある、千葉第三の都市 市川。戦前から東京下町のベッドタウンとして栄えた高級住宅街でもある市川には、永井荷風、幸田露伴等の文人も暮らした街。そんな市川に残る老舗店にお伺いしました。

1874年創業、千葉の地物を使った寿司を提供する 寿し林屋

市川駅から徒歩10分程度の場所にある 寿し林屋。1874年(明治7年)に千葉街道沿いのクロマツ林の中に茶屋”林屋”を創業されました。林屋という名前は、林の中のお店だったからだそう。茶屋として創業するも、道路拡張で移転を余儀なくされ川魚割烹へ転身。終戦前に現在地に移転され、3代目の方の時代に寿司店へと転身されました。現在は4代目と5代目のご主人がお寿司を握られています。

という寿し林屋さんの看板がこちら。創業明治7年と書かれています。

こちらが正面からの図。昔ながらのたたずまいって感じですね。

中に入りました。カウンターに座ります。今回はディナータイムだったので、お任せで握って頂きました。タイと中トロ。超美味い!

赤貝。このコリコリ感が美味い!

甘エビ。甘くって最高…!

玉子焼き。ご飯がサンドされています。甘さが良い・

「これ、うちの自慢の地物の蛤です」と出されたハマグリのお寿司。噛めば噛むほど出てくる甘み、最高か。

イクラ、ウニと続きます。

巻物は鉄火巻きで。美味いなぁ。

「こちらもうちの自慢、地物のアジです」と出されたもの。何だこの甘さ、凄い美味しい!
ラストに穴子。うん、最高だ。穴子で一旦終了だったのですが、
「もう少し握りますか?」
と声をかけて頂きます。
「アジもう一貫貰ってよいですか?」
とアジを追加で頂きました。地物の美味しいお寿司が食べられる店、最高だなぁ。

店内で色々お話を伺いました。歴史はこの新聞記事にまとまっている、とのことでした。確かにわかりやすい!

こちらは料亭だったことの林屋さんのお写真。

カウンターだったので色々なお話がお伺いできました。

「昔はこの辺りに料亭が沢山あったんだけれど、もう一軒(栃木屋さん)しか残っていなくってね」

とのこと。何だか寂しいなぁ。
とはいえ伺ったお話は、寂しい話だけでなく、

「お正月とかお盆になると、昔来てた子が子供連れてきてくれたりするから嬉しいよね」

なんてお話も。無くなってしまう歴史もあるけれど、引き継がれていく歴史もある。私は引き継がれていく歴史を、少しでも手助けできるようになりたいな、なんて思いました。

—— 寿し林屋 基本情報———-
〇創業年 1874年創業 / 明治7年創業
〇営業時間
・10:00-22:00
※土曜日 定休日
〇住所
千葉県市川市真間2-10-11
(食べログ)⇒ 鮨林屋 – 市川真間/寿司 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です