かぐら坂 志満金の、幕の内 利休が最高過ぎた / 東京 神楽坂 1869年創業 (明治2年)

新宿区の北東部にある神楽坂。その名の由来は諸説ありますが、そのどれもが神楽にちなんだもの。花街として栄えたこの街にも、複数の老舗が残っています。

1869年創業、夏目漱石・泉鏡花の作品にも登場した 志満金

飯田橋駅から徒歩2分ほどの場所にある 志満金。1869年(明治2年)に創業した同店は、元々”島金”という屋号で、昔は牛鍋や西洋料理も出されていたそうですが、現在では界隈を代表する鰻屋さんであり、日本料理の老舗店です。

そんな志満金さんの外観はこちら。高級感がひしひしと伝わってきますね。

志満金さんといえば鰻ですが、メニューはこんな感じ。

とはいえ、今回は幕の内を食べに来たんです。とっても豪華と聞いておりまして。店内にはパンフレットも置いてありました。パンフレットの1ページ目には歴史も簡単に記載されていました。 今回頼んだ幕の内は、こちらの利休。かなり良いお値段なのですが、一度食べてみたかったんです。 まずはお刺身でスタート。 お椀はこんな感じ。お魚、山菜、生麩と豪華!!! そして運ばれてきました、幕の内。全部美味しそう過ぎる!!!

こちらは白和え的なもの。

焼き物、なます等々。一品一品味付けが繊細で凄く美味しい。

こちらは西京焼き。焼き加減が絶妙!

下の段にいって、天ぷら。
炊き合わせと来て、

一番右下に鎮座するのが、志満金自慢のうな丼。こちらも味付けが繊細!
デザートも付いてきます。事前にフルーツが苦手、と伝えていたら、抹茶アイスに変更してくださいました。 〆にお抹茶とお饅頭。満足感高過ぎる…。

冒頭に記載しましたが、志満金さんは夏目漱石や泉鏡花の作品にも登場した名店。出てくる料理はどれも繊細で美味しかったですし、空間も接客も程よくって凄く過ごしやすかったです。何年も通っていらっしゃるお客さんも沢山いらっしゃるようで、常連の方とお店の方が話し込む様子も聞こえてきました。常連の方が帰り際に、「うるさくしてごめんね!」と声をかけてきてくれたのですが、なんかそういうコミュニケーションが許される感じが素敵だなぁと。何かの機会にまた使いたいと思います。

———かぐら坂 志満金 (しまきん) 基本情報———-
〇創業年 1869年創業 / 明治2年創業
〇営業時間
11:00~22:00 (L.O.21:40)
※年末年始・お盆期間定休
〇住所
東京都新宿区神楽坂2-1
(ぐりなび)⇒志満金(神楽坂/割烹) – ぐるなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です