東京 銀座 煉瓦亭(1895年創業)

東京は銀座。アップルストアやルイヴィトンをはじめ、時代の最先端を征く華やかな路面店が立ち並ぶ通りの裏路地。
人通りも落ち着いたその道に佇む煉瓦造りのノスタルジックな雰囲気を醸した建物。

そこが創業100年を越えた今もなお多くの人に愛される洋食屋 煉瓦亭です。
創業者は木田元次郎の叔父。煉瓦亭を語る上でまず名前の出てくる木田元次郎さんは創業者として記載されている文献もありますが正確には二代目です。当時1895年の銀座は煉瓦造りのモダンな街並。そんな景観と合わせるようにフランス料理店として開業したのが煉瓦亭です。

こちらは、様々な洋食家庭料理の礎を築いたレストランだと言われています。
例えば、こちら煉瓦亭の代表的メニューと言われているオムライス。元々はスタッフのまかない料理だったとか。
お写真を観ると判りますが、現在の多くの家庭で見られるオムライスとは違い、ライスそのものに溶き卵が絡んだものになっています。
これがとにかくふっくら!お子様も喜んでいただけると思います。

11938324_843855489069484_6024831019401597836_o

個人的に特にオススメなのは、ハヤシライス。当初はハッシュドビーフアンドライスという名称でしたが、現在のハヤシライスとなったそうです。デミグラスソースをベースにしたハヤシライスを考案して提供したのは煉瓦亭が発祥だと言われています。
唸るほどの深みとコク。食べるごとに少なくなっていくのが惜しくなってくるほど。

11942184_843855459069487_3107163657045063149_o

こちらのトンカツにキャベツを盛り付けるスタイルも煉瓦亭が発祥。
キャベツの千切りにウスターソースをかけたのも煉瓦亭が最初なんだそうですよ。

11896566_843855449069488_7849827013356643861_o
そんな様々な「元祖」が生まれた煉瓦亭。
でも、それ以上に都会の慌ただしい日常を感じさせないタイムレスな雰囲気。そして懐かしさを感じさせてくれる洋食が心を彩る洋食屋さんなのです。
11057786_843855435736156_8046357857025985747_o

幼少期の夕食のごちそうを彷彿とさせる、心が踊るようなメニューの数々。
そんなノスタルジーに浸りたいときは、是非煉瓦亭に足を運んでみてはいかがでしょうか。


———-煉瓦亭 基本情報———-

・創業年
・1895年(明治28年)
・営業時間
平日 11:15 – 21:00
土曜日・祝日 11:15 – 20:45
(日曜日休業。途中15:00 – 16:40まで休み時間あり)
・〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目5-16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です