奈良屋本店の故昭憲皇太后お気に入りの”雪たる満”と”都鳥” / 岐阜 岐阜市 1830年創業 (天保元年)

織田信長が命名したされる岐阜(諸説あり)。斎藤道三、織田信長が城を構え、江戸時代には幕府直轄領として栄えた岐阜市にも、沢山の老舗が残っています。

1830年創業、故昭憲皇太后のお気に入りのお菓子 雪たる満を製造・販売する 奈良屋本店

岐阜駅からクルマで10分ほどの場所にある 奈良屋本店。1830年(天保元年)に創業された和菓子店で、故昭憲皇太后(明治天皇の皇后)のお気に入りであったお菓子 “雪たる満”や、故昭憲皇太后がきっかけで生まれた人気お菓子”都鳥”の製造・販売を行っている和菓子店です。

こちらが店舗外観。クラシックな和菓子屋感があります!

店舗から見えるディスプレイには、”雪たる満”、”都鳥”、そして鮎のお菓子”かがり焼鮎”が飾られていました。

店舗内のディスプレイはこんな感じ。上生菓子はじめ、沢山のお菓子が飾られていましたよ。

お店の奥側の写真。色見がカッコよくて撮影。年季の入った木目の感じ、老舗感出ていて凄く好きです。

ということで買ってきました。”雪たる満”と”都鳥”のセットです。 こんな感じで箱の中に収められています。 まずは”雪たる満”から。1886年(明治19年)から販売されている、歴史あるお菓子です。 ででーん、雪だるま!このお菓子は砂糖と卵白でつくったメレンゲのお菓子です。歯触りもよく美味しい。し、カワイイ! そしてこちらが”都鳥”。奈良屋本店さんのHPによると、

故昭憲皇太后が殊の外お気に召されていた「雪たる満」を二十五周年祝典(銀婚)に献上すると「お堀にいる白い鳥の形に作ってみたら」という有難いお言葉をいただきました。再度献上した際に、都の鳥を「都鳥」と名付けていただきました。

とのこと。”雪たる満”と比較すると、少し縦長ですね。

こちらが”都鳥”の中身。”雪たる満”と同じメレンゲ菓子です。個人的には見た目は”都鳥”のほうが好きかな。

お店の人にお話しをしたところ、「わざわざ東京から来てもらったなんて」とおまけを頂きました。もう一つの銘菓である、鮎のお菓子”かがり焼鮎”。岐阜 = 長良川 = 鮎、の印象強いですものね。
こんな感じで鮎の姿をしたお菓子でした。こちらもサクサクしていて美味しい。

説明紙も入れてくださいました。上述した”雪たる満”と”都鳥”のことが書かれています。 神の中面はこちら。宮内庁・皇族の方に食べられてきたお菓子のようです。
奈良屋本店さんの、”雪たる満”と”都鳥”は、見た目が可愛いことに加えて、賞味期限が2か月と長いのも嬉しいポイント。カワイイ+日持ちはお土産の鉄板ですよね。味は結構甘めなので、渋めのお茶以外にもコーヒーにも合いそうです。都内でも一部販売されているので、今度誰かのお土産として使いたいなぁ。

——–奈良屋本店 基本情報———-
〇創業年 1830年創業 / 天保元年創業
〇営業時間
9:00~18:30
※第3土曜日・日曜日・元旦・お盆 定休日
〇住所
岐阜県岐阜市今小町18番地
(公式サイト)⇒ 岐阜市にある創業天保元年の和菓子店【奈良屋本店】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です