都寿司の2段重ね ちらし寿司 / 東京 日本橋 都寿司 1887年創業 (明治20年)

東京駅・神田駅からほど近い日本橋。この街は、昔ながらの老舗が多数ある老舗の聖地の一つ。今回は老舗お寿司屋さんへお伺いしました。

1897年創業、ランチタイムにお得な寿司が食べられる 都寿司

水天宮駅から徒歩5分程度、茅場町・人形町から10分程度の場所にある都寿司。明治20年に創業し、以来水天宮に近いこの場所で暖簾を守り続けていらっしゃいます。

こちらが店舗外観。昔ながら、な感じの外観ですね。 看板が面白かったです。「鮨は活き 料理は夢」だそう。何だか気が引き締まるメッセージですね。 ランチタイムはかなりお得です。二重ちらしが1350円、マグロ丼が1150円、にもの丼1150円、花にぎり1404円だそう。 今回は一番人気だいう二重ちらしをオーダー。2段重ねのちらし寿司で、上にネタ、下にシャリが入っています。 二段をばらけさせた図。こんな感じで分かれています。ちらし寿司が2段なのは珍しいですよね。 シャリ側もアップで。いやー、美味しそう!

二段に分かれたちらし寿司は初めてでしたが、ネタを醤油につけてシャリと一緒に食べるわけで、だったらこういう感じで2段になっていたほうが食べやすいのだ、という当たり前のことに気が付きました。みんなこのスタイルにすればいいのに。
ランチタイム、他にも気になるメニューがあるのでまた行ってみたいです。特に「にもの丼」が気になっていて。穴子やホタテを煮て、詰めをつけた丼だそう。絶対美味しいよなぁ。ので、次回はにもの丼を食べみます!

—— 都寿司 基本情報———-
〇創業年 1887年創業 / 明治20年創業
〇営業時間
[月~金] 11:00~14:00(L.O.) 16:30~22:00(LO.21:00)
[土] 11:00~14:00
※日曜・祝日・第二土曜日 定休日
〇住所
東京都中央区日本橋蛎殻町1-6-5
(食べログ)⇒ 都寿司 (みやこずし) – 水天宮前/寿司 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です