老舗精肉店 尾島商店運営のミートカフェ オジマ / 神奈川 横浜 1923年 (大正12年)

開港150年を迎えた横浜の繁華街である関内・桜木町エリア。横浜市内では、このエリアに最も多くの老舗が集まっています。

1923年創業の精肉店 尾島商店運営のミートカフェ オジマ (Meat Cafe OJIMA)

桜木町駅から5分程度の場所にあるミートカフェ オジマ (Meat Cafe OJIMA)。そのお隣にある精肉店 尾島商店さんが、運営されています。

尾島商店さんは1923年(大正12年)に横浜の地で創業。精肉店である尾島商店さんは、お肉だけでなくコロッケやお肉の佃煮、チャーシュー等のお惣菜系に定評があり、高島屋さん等でも扱われるほど。そんな尾島商店さんのお隣の薬局が閉店になったことから、2017年に尾島商店さんのお隣にミートカフェをオープンされました。

こちらがMeat Cafe OJIMAさんの外観。ロゴの下にsince 1923と書かれていますね。

ちょっと斜めからの撮影になりましたが、こちらがお隣の精肉店尾島商店さん。

今回はMeat Cafe OJIMAさんでランチをしました。メニューを撮り忘れてしまったのですが、ステーキ系、バーガー系、アラカルト系の3系列ぐらいあります。

非常に悩んだのですが、今回はコロッケを食べたかったのでアラカルト系で攻めました。

まずはシーザーサラダ。これはお肉関係ないですねw。栄養バランス的にオーダーしました。

次はチャーシュー。やや甘めな味付けが最高。昼なのにシュワシュワしたくなってくる味です(我慢しました)。

そして、念願のコロッケ&メンチ。お肉屋さんの美味しいコロッケとメンチの出来立てを、席に座って優雅に食べるとか、ここは天国かよ、と思いました。

あんまり綺麗な絵でないですが、断面図。どちらが好きかと聞かれたら、どちらも、と答えるクオリティです。

同行者はステーキピラフをオーダー。ステーキ一口分けてもらいましたが、肉肉しさとやわらかさのバランスが素敵で、これは毎日食べられるステーキだな、という感じ(分かりづらい感想ですみません)。

尾島商店さんの噂はお伺いしていたのですが、横浜からテイクアウトする機会が中々なく、今まで食べる機会がありませんでした。が、ミートカフェ オジマ (Meat Cafe OJIMA)のオープンにより、横浜近郊に住んでいなくても手軽に楽しめるようになったんです!この手軽さは、ミートカフェというコンセプトにもぴったり。お肉屋さんの美味しいコロッケが食べたくなったなら、ミートカフェ オジマ (Meat Cafe OJIMA)さんに行ってみるの、ありだと思います。

——-ミートカフェ オジマ (Meat Cafe OJIMA) 基本情報———-
〇創業年 大正12年 / 1923年創業

以下は、ミートカフェオジマさんの情報です。
〇営業時間
10:00~22:00(L.O.21:00)
※無休
〇住所
神奈川県横浜市中区野毛町2-93
(公式サイト)⇒ The Meat Cafe Ojima | Meet your Meat!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です