東大赤門そばの万定フルーツパーラーで、カレーを食べる / 東京 本郷 1914年創業 (大正3年)

文京区 湯島の中心地にあったことから、湯島本郷 (本郷=中心地的な意味)と呼ばれるようになった、現 本郷エリア。室町時代から戦国時代にかけ、”湯島本郷”が単に”本郷”と呼ばれるようになったそう。赤門で有名な東大本郷キャンパスのあるこの地の老舗店にお伺いしました。

1914年創業、フルーツパーラーから始まりカレー中心の軽食店となった 万定フルーツパーラー

東大前駅から徒歩7分ほどの場所、東大の目の前にある 万定フルーツパーラー。1914年(大正3年)にフルーツパーラーとして創業し、現在はカレーを中心とした軽食店となっています。フルーツパーラーの名残りなのか、フレッシュなフルーツジュースも販売されています。

という万定フルーツパーラーはこちら。レトロとしか表現しようのない最高の見た目! もう少し寄り目のカット。この雰囲気素敵すぎません?

中に入りました。こちらがメニュー表。お食事系メニューは、カレーライス、ハヤシライス、カレースパゲッティ、ハヤシスパゲッティの4種類。ドリンクは各種そろっております。

ででーん、こちらがコーヒーです。クラシカルなルックスが最高。 もう少し寄り目のカットがこちら。かなりシャバシャバ系で、かつ、スパイシー。昔ながらのこだわって作ったスパイスカレーといった感じで超好き。この美味しさ、病みつきになるなぁ。昔から行きたいと思っていた万定フルーツパーラーさん、営業時間が11時-15時と短いので中々お伺いすることが出来ませんでした。今回ようやくお伺いでき、雰囲気・味・値段と最高のバランスの素敵なお店でただただ感動。こういうお店、いつまでも続いて欲しいなぁ。

———万定フルーツパーラー 基本情報———-
〇創業年 1914年創業 / 大正3年創業
〇営業時間
・11:00~15:00
※年末年始休日及び不定休あり
〇住所
東京都文京区本郷6-17-1
(食べログ)⇒万定フルーツパーラー (マンサダフルーツパーラー) – 東大前/フルーツパーラー [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です