東京 上野 黒船亭(1902年創業)

東京は上野公園。不忍池の袂にお店を構える老舗。こちらが黒船亭です。

黒船亭の歴史は古く1902年(明治35年)。初代須賀惣吉が栃木より上京後、上野公園下にて料亭「鳥鍋」をはじめました。
当時の建物は、店内には滝が流れ、池がある…いわゆるお屋敷のような風情溢れる建物だったそうです。
とても繁盛したお店だったそうなのですが、関東大震災により焼失。その後、すぐに建て直して営業再開するのですが、その後東京大空襲により再び焼失してしまいます。
その後、1923年(大正12年)に現在の上野公園の不忍池出口すぐ側に場所を移し、「カフェ菊屋」としてお店を再始動します。
当時としてはかなり珍しい洋食屋さんで、輸入酒やオードブル、ハヤシライスなどを提供する人気店だったそう。

戦後には現在地の1階2階に、紳士服と婦人服のブティックを開店。そしてその上には現在の黒船亭の前身となるレストランキクヤをオープンさせます。そして現在の”黒船亭”となったのは1986年(昭和61年)。
フランス料理のキャリアを持つスタッフを招き入れ、老舗とはいえ常に時代の流れを捉えながら進化を進めています。

あの、ジョンレノンとオノヨーコ夫妻も訪れたことのある老舗名店。歴史が詰まっていますね。
今回はオーソドックスにオムライスとビーフとタンのシチュー。そして聞き慣れない黒船亭風魚介の寄せ鍋をオーダーしてみました。

886002_874161519372214_1333349894195935186_o

ザ・洋食!とも言える定番オムライス。以前訪れた銀座 煉瓦亭のスタイルとは違い、こちらはいわゆる一般家庭にも見られるオムライスです。玉子の中はブイヨンで炊き上げたチキンライス、そしてプリップリの大きなエビが入っています。これは嬉しい。
12194682_874162642705435_8192007396950227738_o

続いてビーフとタンのシチュー。
黒船亭の代表メニューです。風味豊かで濃厚な味わい。赤ワインでまろやかさをプラスしているそうです。コクのあるソースが絡み合います。こちらも絶品…!
サイドにあるポテトペーストもシチューを盛り上げてくれます。

12194571_874164252705274_7251234173058784714_o

そして最後はこちら。黒船亭風魚介の寄せ鍋です。
寄せ鍋と聞くと少なからず和風のイメージが漂うのですが、こちらは洋風も洋風。ホワイトソースで仕上げられたブイヤベースです。地中海沿岸の代表的な料理ですよね。
クリーミィな薫りと味わいが口いっぱいに広がっていきます。
店内にはご家族連れの方から、新聞を読みながら一人で気軽に訪れているお客さんもいらっしゃいました。
老舗とはいえ、少し贅沢に。でも気軽に訪れたい方には最適な老舗といえます。ごちそうさまでした。

———- 黒船亭 基本情報———-
・創業年
・1902年(明治35年)
・営業時間
11:30~22:45(L.O.22:00)
ランチ営業、日曜営業
・住所
・東京都台東区上野2-13-13 キクヤビル4F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です