廣榮堂武田の元祖きびだんこは、昔ながらの味がして美味しかった! / 岡山 岡山市 1856年創業 (安政3年)

岡山県最大の都市である県庁所在地 岡山市。古くから岡山藩池田氏の城下町として栄え、中国・四国・関西の交通の要所である岡山市には何軒もの老舗が軒を連ねています。

1856年創業、きびだんごを生み出した元祖のお店 廣榮堂武田

岡山駅からバスと徒歩合わせて10分ほどの場所にある 廣榮堂武田。廣瀬屋という7代ほど続いた瀬戸物屋さんが、1856年(安政3年)に創業したのが、廣榮堂さんです。すぐ隣に廣榮堂本店さん、という同じ歴史、同じ創業年・同じ廣榮堂の名、同じくきびだんごの元祖を名乗られているお店があります。元々あった廣榮堂というお店から、戦後に広栄製菓さんが独立し廣榮堂本店となります。商標の関係から同じ廣榮堂が登記できず、廣榮堂武田として株式会社化したとのこと。源流である廣榮堂さんが、今の形のきびだんごの元祖を生み出したとされ、双方ともに元祖きびだんごを販売されていらっしゃいます。

という廣榮堂武田さんの中納言本店はこちら。看板が立派!

中に入ると立派な柱があります。きびだんごは、日清日露戦争時に爆発的にヒットしたそうですが、その立役者が柱に名が刻まれている武田浅次郎氏。桃太郎のコスプレをしてきびだんごをRPしたそうですよ。歴史の歩みの説明紙も貼られていました。、廣榮堂さんは、備前国印の釘抜きを、登録商標として特許庁に出願しています。その登録商標は現在も廣榮堂武田さんが所有されているそうです。 説明が長くなりましたが店舗に入りました。沢山のお菓子、特に沢山のきびだんごが並んでいます。 きびだんごアップの図。カワイイ桃太郎イラストが乗っています。 ディスプレイでも、きびだんごを最初に製造したメーカーとうたっておられます。

今回も2種類買ってきました。上がきなこ、下がプレインです。

こちらがきな粉のきびだんご。 そしてプレインのきびだんご、です。

廣榮堂武田さんとお隣の廣榮堂本店さんは一緒にお伺いしたので、きびだんごを食べ比べることができました。どちらも美味しかったのですが、

・廣榮堂武田さんは昔ながらのほんのりした美味しさ
・廣榮堂本店さんは洗練されたお団子の美味しさ

と、美味しさの方向性が若干異なりました。どちらもとっても美味しくて、どちらが好みかはかなり人によるだろうなぁ、と思います(一緒に食べ比べた6人は、ちょうど3対3に分かれました)。みなさん是非食べ比べてみてください!

———廣榮堂武田 基本情報———-
〇創業年 1856年創業 / 安政3年創業
〇営業時間
・平日/ 8:00 – 19:00
・土日祝/ 8:30 – 18:00
※定休日なし
〇住所
岡山県岡山市中区中納言町7番33号
(公式サイト)⇒ 廣榮堂武田 安政三年創業 | 和菓子・きびだんご・洋菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です