サッカー解説者 松木さんのご実家 近三で優しさ溢れ出る 鰻重 / 東京 日本橋小伝馬町 1869年創業 (明治2年)

名主が伝馬役(公的な貨客輸送)を司ったことに由来する小伝馬町。江戸時代には、高野長英や吉田松陰らが投獄されていた牢屋敷があった場所としても知られています。そんな日本橋小伝馬町は旅人宿で賑わい、金物・繊維問屋が軒を連ね、今も服飾・雑貨問屋が残るビジネス街です。老舗の商店や飲食店も何軒も残る小伝馬町にお伺いしました。

1869年創業、サッカー解説者 松木さんのご実家 近三

馬喰横山駅・馬喰町駅から徒歩2分、小伝馬町駅から徒歩3分ほどの場所にある 近三。1869年(明治2年)に近江出身の松木三治郎氏によって創業されました。近江の三治郎氏の組み合わせから、屋号が近三(きんさん)となったのだそう。こちらのお店、タイトルにも書いておりますが、サッカー解説者の松木安太郎さんのご実家となります。

という近三さんの外観がこちら。ビルの合間に昔ながらのお店が急に出てきます。

お店に入りました。ランチタイムだったのでお昼メニューです。

今回は松のうな重をチョイス。いやー、楽しみだ!

蓋をオープン。鰻がぎっしり詰まっています。

鰻をアップで。うなぎはかなりの柔らかさで、甘めのタレとすごく良く合う。ご飯がどこまでも食べられる系ですね。うん、最高に美味い!

近三さん、近くの大企業の方と思われる方と、地元の人がお祝い事に使っている方がいて、なんというか下町にある老舗感があってとっても居心地の良いお店でした。美味い鰻の前には、すべての人は平等なのです。柔らかめ・甘めの優しい鰻を食べたくなったら近三さんだな。

——-近三 基本情報———-
〇創業年 1869年創業 / 明治2年創業
〇営業時間
・11:30~14:00
・17:00~21:00(L.O.20:30)
※第1・第3土曜日、日曜日、祝日 定休日
〇住所
東京都中央区日本橋小伝馬町15-16
(食べログ)⇒ 近三 (きんさん) – 小伝馬町/うなぎ [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です