菊見せんべい総本店の四角いお煎餅 / 東京 谷根千 1875年創業 (明治8年)

昔ながらの街並みが残る谷根千エリア(谷中・根津・千駄木の三エリアの総称)。今回は団子坂に古くからある老舗に伺いました。

明治8年創業、四角いのが特徴の菊見せんべい総本店

千駄木駅から徒歩1分の場所に、明治8年創業の菊見せんべい総本店はあります。元々この地で盛んであった、菊人形に由来しているそう。団子坂には沢山の菊人形見物者が来ていたそうで、その人たちに売り始めたことがお店のルーツとなっています。

店舗外観が上手く撮れなかったので、看板を。少し古びた状態に歴史を感じますね。看板には珍しい丸いシェイプ。

ここのおせんべいの特徴は、何といっても四角いこと。看板メニューの醤油せんべいももちろん四角!「円は天、方は地」という言葉から、お煎餅を四角にしたのだとか。看板が丸いのもこの言葉からかな。

せっかくなのでもう一枚購入。こちらは甘せんべい。見た目よりも甘くってパンチがありました。

今回は購入できませんでしたが、ハッピーターンに似た形として有名な「めずらしせんべい」や、四角せんべい三兄弟の一角「抹茶せんべい」も有名です。今度お土産用で購入してみたいと思います。
菊見せんべいさんは、近くに住んでいた、森鴎外や夏目漱石、正岡子規も好きだった、という気持ちがわかる、実直に美味しいおせんべい屋さんでした。

——-菊見せんべい総本店 基本情報———-
〇創業年 明治8年創業 / 1875年創業
〇営業時間
10:00~19:00
※月曜日 定休日
〇住所
東京都文京区千駄木3-37-16
(公式サイト)⇒ 東京のあられ・おせんべい | 菊見せんべい総本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です