鎌倉駅側の川古江屋で、しらす丼&お蕎麦! / 神奈川 鎌倉 1887年創業 (明治20年)

言わずとしれた古都 鎌倉。江戸時代中期に徳川光圀(水戸黄門)によって「新編鎌倉志」が刊行されると、江戸近郊の歓楽街として再び脚光を浴び、近代には鎌倉文士と呼ばれる多くの文人らを産む文化都市として発展しました。そんな長い歴史を持つ鎌倉にも、沢山の老舗が息づいています。

1887年創業、鎌倉駅直ぐ側にあるお蕎麦屋さん 川古江屋

鎌倉駅から徒歩1分場所にある 川古江屋。東口から見えるマクドナルドの地下にあるお店です。1887年(明治20年)に創業された、120年以上の歴史を持っていらっしゃいます。

入り口から階段を降りると、こんな感じのディスプレイが出現します。
中に入りました。セットメニューが沢山あるのが特徴。せっかく鎌倉なら”しらす”食べたくなりますよね。 ということで、こちらがオーダーした、ミニしらすサーモン丼セット。 鎌倉、湘南方面へ来ると、しらす丼食べたくなっちゃいますよね。川古江屋さんは、しらすにサーモンを合わせるのが特徴。 そしてお蕎麦。セットなのでハーフサイズ。そば汁はやや甘め。

川古江屋さんは駅に近いので、伺うのがとっても便利。駅近なのに、地下にあるからか、お昼時でもそこそこスムーズに入ることができました。鎌倉駅、どこも混んでてお店探しが大変、なんて時に覗いてみると良いかもしれません。

——- 川古江屋 基本情報———-
〇創業年 1887年創業 / 明治20年創業
〇営業時間
・11:00~21:00(L.O.20:00)
※火曜日 定休日
〇住所
神奈川県鎌倉市小町1-6-19 アラビルB1
(公式ページ)⇒ 鎌倉の和食・そば居酒屋「川古江家(かわごえや)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です