激辛ブームの火付け役 老舗煎餅屋 神田淡平 浜松町店 / 東京 浜松町 明治17年創業

仕事で浜松町へ伺ったところ、創業明治17年、というノボリが!良く見てみるとあの有名な、神田淡平の浜松町店でした。

明治17年創業。激辛ブームの火付け役  神田淡平

今や一般的となった「激辛」という言葉、その言葉を生み出したのが明治17年創業の神田淡平さんです。1986年流行語大賞で激辛が銀賞を受賞した際に、表彰状を神田淡平さんが受け取っています。

今回は本店ではなく、浜松町駅直ぐにある浜松町店へ伺いました。

今回は名物の激辛・特辛子煎餅と、山椒煎餅、オーソドックスな醤油煎餅の3枚を購入。

こちらが激辛煎餅開封の図。ビジュアルからしてヤバいですよねw。もちろんとっても辛いです。

この激辛煎餅がどう生まれたのか、は、自社サイトの「元祖 激辛煎餅(激辛せんべい)誕生秘話」に詳しいです。きっかけは塾の先生の提案でした。

5年生になっていたある日、塾の先生が声を掛けてくれた。
「鈴木君の家は煎餅屋だったよな。こんなの見た事ある。」
先生は得意そうに私に1枚の煎餅を手渡したのだった。
その煎餅は、表面に少量七味唐辛子をまぶした物で、食べてみると小学生であった私には、目の玉が飛び出る程の辛さであった。

この煎餅を鈴木少年が父親に食べさせたところ、

「これより辛い煎餅を作ろう」

となり、あの有名な激辛煎餅が生まれた、といことらしいです。
(ちなみに最初の写真に戻りますが、山椒もかなりのパンチありますw。)

今回たった3枚しか買わなかったのですけど、淡平さんの簡単な紹介ペーパーを入れてくれていました。辛いお煎餅を食べつつ、歴史を振り返るのって、なんだか夏休みっぽい瞬間になりました。

 

——神田淡平 基本情報———-
〇創業年 明治17年 / 1884年創業
〇営業時間 (今回お伺いした浜松町店のデータです)
9:30~18:00
※日、祭日、第二 第四土曜日休み
〇住所
東京都港区浜松町2-5-1

公式サイト ⇒ 神田淡平 元祖激辛煎餅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です