ひろめ市場内の本池澤で、鰹たたき定食&しらす丼で高知を〆る / 高知 高知市 1925年創業 (大正14年)

高知県の県庁所在地である高知市は、江戸時代には山内一豊以来の山内家が治めた土佐藩の城下町として発展し、初期には野中兼山や末期には吉田東洋などの名家老を、幕末には藩主・山内豊信(容堂)や坂本龍馬・武市半平太・中岡慎太郎等の幕末の志士を、明治には板垣退助・後藤象二郎等の政治家を輩出。地名は、現・高知市の川に挟まれた地の城が、河中山城(こうちやましろ)から高智山城を経て高知城と呼ばれるようななったことが由来とされています。幕末から明治期の志士・政治家等の生誕地・旧宅跡等の観光名所が数多く存在し、全国に波及した毎年8月開催のよさこい祭りは一大イベントとなっています。鰹節・清酒などの特産品や、皿鉢料理・鰹土佐造り・鰹たたき・うつぼ料理・堅干(けんぴ)等の郷土料理・菓子も多く、県内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが多数点在しています。

1925年創業、中央卸売市場内の魚屋としてはじまった 本池澤

大橋通のバス停から徒歩2分の場所にある ひろめ市場。その市場の入り口に位置するのが、本池澤 ひろめ市場店です。1925年(大正14年)に、小笠原楠衛(おがさわらくすえ)さんが女手一つで立ち上げた魚屋さんです。当時は「やまちょう」と名乗っていたそうですよ。昭和40年代には飲食業にも進出。今は鮮魚店と、飲食店の両方を経営されていらっしゃいます。

こちら大橋通り沿いにある鮮魚店の外観。右奥にあるのは池澤鮮魚さんです(何か関係性のあるお店なのかな?)。 本池澤さんは複数の飲食店を経営されています。今回はひろめ市場入って直ぐの場所にある店舗に伺いました。

市場内の店舗って感じで色々並んでいます。が、まあ鰹食べたいよね。 ディスプレイもこんな感じ。居酒屋風にも使えます。

頼んだのはこちらの鰹たたき定食。ご飯はしらす丼にアップグレードしました。 こちらが鰹のたたき。塩たたきにしようか悩みましたが、今回はノーマル版で。生にんにくと良く合う! そしてしらす丼。かまあげなのでフワッとしてます。美味いなぁ。

上にも少し書きましたが、本池澤さんの近くには池澤鮮魚さんがあります。また以前紹介した1868年創業の上町池澤本店さんも遠くない場所にあるんです。それぞれ別の店であると上町池澤本店の池澤さんが書かれていますが、この辺りは良く分からないですね。ルーツが同じなのか、それとも池澤という名が何か意味があるのか、どうなんでしょう。

——- 本池澤 基本情報———-
〇創業年 1925年創業 / 大正14年創業

以下は、ひろめ市場店の情報です。
〇営業時間
・8:00~23:00 (日曜日のみ7:00~営業)
※水曜日 定休日
〇住所
高知県高知市帯屋町2-3-1 ひろめ市場
(公式サイト)⇒ 高知県大橋通り【本池澤】トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です