平沼 田中屋の”きざみ鴨せいろ”が最高だった件 / 神奈川 横浜 1920年創業 (大正9年)

およそ150年前に開港した横浜。今横浜中華街として知られる場所は、元々外国人居留地であり、海外の文化の受け入れ口となりました。今回はそんな横浜にある老舗蕎麦屋へ伺いました。

1920年創業、看板メニュー”きざみ鴨せいろ”が絶品な 平沼 田中屋

横浜市営地下鉄 高島町駅から徒歩3分ほど、横浜駅から徒歩10分ほどの場所にあるのが 平沼 田中屋。1920年(大正9年)から、平沼の地で営業するお蕎麦屋さんです。1900年創業の和菓子店 寿々喜家さんは、徒歩1分の近所さんです。

店舗に近づくとこんな看板が。平沼は裏横浜地域と呼び始め、活性化をされている場所。その告知看板のようです。
その看板のすぐ裏にあるのが、田中屋さん。緑色の暖簾がカッコいい。
平沼 田中屋さんは知人から教えてもらったお店なのですが、「きざみ鴨せいろがおススメ!」」と聞いていたとおり、お店のメニューでもきざみ鴨せいろ推し。鴨せいろを少しでもリーズナブルに、と開発されたメニューだそう。 きざみ鴨せいろも食べたけれど、セットメニューも気になるなぁと眺めていたら、メニュー下部に「プラス500円できざみ鴨汁に変更可能」という文字が。もう、これにするしかない! ということで、カツ丼セットのきざみ鴨汁セットです。昼から意図せずガッツリ系にw。 でーん、こちらが鴨汁です。鴨の脂と、刻んだ鴨肉がたっぷり入っています。濃厚ですんごく美味い。夏バテシーズンとかに最高かも。その鴨汁に、お蕎麦を付けて食べます。最高以外の言葉がない。」 そしてかつ丼。グリーンピースを乗せてくれるかつ丼に間違いなはい、という格言を作りたいぐらい、グリーンピースが乗っているカツ丼は美味しい。

噂の”きざみ鴨せいろ”、想像以上に美味しくって、お蕎麦をお替りしたくなりました。お蕎麦のつけ汁というよりも、ラーメンのそれに近い味なのかもしれない。こういうお蕎麦を生み出してくれるお蕎麦屋、好きだなぁ。
セットの1450円にプラス500円と、ちょっとお高めのランチとなりましたが、かなり満足感の高いランチとなりました。きっとまた行く。

——- 平沼 田中屋 基本情報———-
〇創業年 1920年創業 / 大正9年創業
〇営業時間
【平日・土曜】
11:00~22:00(LO:21:30)
【祝日】
11:00~21:30(LO:21:00)
※日曜日 定休日
〇住所
神奈川県横浜市西区平沼1-5-21 田中屋ビル
(公式サイト)⇒ 平沼 田中屋

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です