浜志まんのボストンクリームパイは、横浜の心だと思う / 神奈川 横浜 1913年創業 (大正2年)

およそ150年前に開港した横浜。今横浜中華街として知られる場所は、元々外国人居留地であり、海外の文化の受け入れ口となりました。今回はそんな横浜の名物を食べに伺いました。

1913年創業、和菓子店から始まり、洋風化する横浜と共に洋菓子屋へと転身を遂げた 浜志まん (浜志゛まん・はまじまん)

黄金町駅から徒歩6分程度、関内駅から徒歩20分弱の、伊勢佐木モール内にある浜志゛まん(”志”に”゛”で”じ”と読み、”はまじまん”と読みます。今回の記事では浜志゛まんさんのサイト内の記載”浜志まん”として記載しております)。1913年(大正2年)に和菓子屋さんとして創業され、洋風化する横浜と共に洋菓子へ進出し、現在の形態に落ち着いたそう。

こちらが店舗外観。町中にある喫茶店、といった外観。看板のには EST.1913の文字も。

入ると大きなショーケースが。どのケーキも美味しそう!上段左から2番目にあるのが、浜志まんさんの看板メニュー「ボストンクリームパイ」です。物凄い大きなサイズ!

ボストンクリームパイはその名の通り、アメリカ ボストンで生まれたケーキ。1855年創業の老舗ホテルで生まれたメニューだそうですよ。そんなケーキが1957年(昭和32年)より、浜志まんの看板メニューとなっています。

というボストンクリームパイ、一人で食べられる量ではないので、今回はミニボストンとコーヒーのセットをオーダーしました。 いやー、奇麗な模様ですね。この模様はチョコをアイシングして作っているようです。ケーキはスポンジケーキの間にタップリ生クリームが入った、コッテリ甘い美味しい子。

ケーキが甘めなので苦めのコーヒーがピッタリ。甘いケーキとコーヒー、良い午後の過ごし方ですね。

浜志まんさん、入って驚いたのは年配の男性のお客さんが多かったこと。甘い洋菓子のお店なので、女性だらけでは、と思っていたのでビックリです。横浜という土地柄がそうさせるのか、ミニボストンの魔力がそうさせるのか分かりませんが、私より年上の男性が、コーヒーを飲みながらケーキを食べる光景は、何だか素敵なお店だなぁ、と感じました。年配男性も落ち着ける老舗洋菓子店、町にあったらきっと楽しいだろうなぁ。

——- 浜志まん 基本情報———-
〇創業年 1913年創業 / 大正2年創業
〇営業時間
10:00~18:30
※月曜日 定休日
〇住所
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5丁目129
(公式サイト)⇒ 横浜・伊勢佐木町商店街 洋菓子・ケーキ・ボストンクリームパイの「浜志まん(はまじまん・浜じまん)」公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です