エチゴヤ名物のポテサラとんかつ / 東京 亀戸 明治初期創業 (1800年代後半)

江東区北部にある亀戸。元々亀島(亀ヶ島、亀津島とも呼ばれる)と呼ばれたこの場所の名は、亀に似た島であったことに由来するそう。そんな亀島も陸続きとなり、亀村、そして亀井戸、亀戸と名を変えていきました。今回はそんな亀戸にある老舗に訪問です。

明治初期創業、和菓子屋から始まり定食屋へと転身された エチゴヤ

亀戸駅から徒歩6分ほどの場所にある エチゴヤ。明治初期(1800年代後半)に和菓子店として創業。和菓子店で軽食を提供されることになり、いつごろからかご飯メインの定食屋へと転向されたそうです。

こんな感じの黄色い看板が目印。 エチゴヤさん、かなりテレビに露出される店舗で、アド街ック天国や、モヤさま、ヒルナンデス、ぶらり途中下車の旅等々、有名番組のかなり沢山出られているそう。 そんなエチゴヤさんといえば、ポテトサラダ入りトンカツ、通称、ポテサラとんかつ、で有名なお店。こんな感じで出てきます。確かにトンカツが少し違和感ある形しているな…。 アップでトンカツを撮りました。トンカツの間から白いものがはみ出ているのが見えますね。そう、本当にポテサラが入っているんです! こちらが中身。豚肉とポテサラが入ったトンカツなんです。食べる前は大丈夫かな、なんて思っていたんですが、胡椒とマヨネーズが効いた揚げ物なので、割と違和感なく食べられました。結構好みの味です。

エチゴヤさん、ポテサラとんかつ、という食べ物も不思議ですが、常連さん達と作られる空間も不思議な雰囲気が漂っていました。どの角度で切り取っても令和な感じがしてこない、昭和な空間で(とはいえ創業は明治ですが)、昔もっとこういうお店あった気がするよなぁ、と懐かしくなりました。こういう不思議スポットも残り続けて欲しいですね。

———エチゴヤ 基本情報———-
〇創業年 明治初期創業 (1800年代後半)
〇営業時間
11:00~14:00
17:00~20:00
※日曜日 定休日
〇住所
東京都江東区亀戸6丁目55−8
(食べログ)⇒エチゴヤ – 亀戸水神/定食・食堂 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です