旭屋本店の、すこし変わった形の豆大福 / 神奈川 鎌倉 1905年創業 (明治38年)

言わずとしれた古都 鎌倉。江戸時代中期に徳川光圀(水戸黄門)によって「新編鎌倉志」が刊行されると、江戸近郊の歓楽街として再び脚光を浴び、近代には鎌倉文士と呼ばれる多くの文人らを産む文化都市として発展しました。そんな長い歴史を持つ鎌倉にも、沢山の老舗が息づいています。

1905年創業、鎌倉で和菓子を提供し続ける 旭屋本店

鎌倉駅から車で5分強、歩いて15分程度の場所、鶴岡八幡宮のそばにある 旭屋本店。1905年(明治38年)に創業された、100年を超える歴史を持つ老舗和菓子店です。

こちらが店舗外観。昔ながらの和菓子屋さん、といった感じ。

店舗に近づいてみると明治38年創業であること、手作り無添加、国産材料を利用と書かれています。良いこだわり!

店舗に入りました。ディスプレイには沢山のお菓子が並んでいます。水羊羹とかも美味しそうだなぁ。

ディスプレイの上には、名物の豆大福がありました。TBSの「Nスタ」で取り上げられたそう。

ということで豆大福を買いました。店舗内にイートインスペースがあったのでそちらで頂きます。お茶も出して頂けるのが嬉しい。 豆大福を少しアップ目で。大福と言えば丸い形状で餡を包み込むものが多いと思うのですが、旭屋本店さんのは関東の桜餅のように餡の周りをお餅で巻いているような形状です。看板メニューの豆大福、塩味と甘みのバランスが良くとっても美味しかったです。通常の豆大福と形状が違うのも、フォトジェニックで素敵ですよね。美味しいからお土産に、とも思ったのですが、こちらの豆大福は日持ちが当日のみ、のため、時間を考えないとお土産利用は厳しそうです。逆に言えば、希少性の高い豆大福だ、ということなので、是非皆さん店舗に伺って食べてみてください!

——- 旭屋本店 基本情報———-
〇創業年 1905年創業 / 明治38年創業
〇営業時間
・9:30~18:00
※月曜 定休日 (祝日の場合翌日定休)
〇住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下3-3-21
(公式ページ)⇒ 旭屋本店 鎌倉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です