菓子道楽 新野屋の名題・くろ羊かん / 新潟 柏崎市 1894年創業 (明治27年)

新潟県中央部(中越地方)西端の柏崎(かしわざき)市は、県内人口6位の市で、市域の一部は佐渡弥彦米山国定公園内にあり、稲作が盛んな田園地帯が広がっています。市名は、かつて常緑樹原生地に柏が群生していたことに由来しています。こしひかり(米山プリンセス)・ゆうごう(夕顔)・苺(宝交早生)・柏崎伝統野菜(刈羽節成胡瓜等6品目)・味噌・清酒・ワイン等の特産品や笠島産岩もぞく(もずく)・魚卵塩辛・鱈親子漬・鱈粕汁・のっぺ・鯛茶漬・鯛飯・明治饅頭・笹団子等の名物があり、市内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店・製菓会社・酒蔵などが多数残っています。

1894年創業、創業当時からの商品・くろ羊かんで知られる 菓子道楽 新野屋

柏崎駅から徒歩4分、長岡駅から車で40分ほどの場所にある 菓子道楽 新野屋。1894年(明治27年)に、新野信太郎氏により和菓子店として創業されました。創業当時からの看板メニューであるくろ羊かんに加えて、1907年(明治40年)には網代焼を開発し、その時に和菓子はくろ羊かんのみを残し、米菓業へと転向されています。店名の前にある菓子道楽とは「菓子をつくる者もそれを召し上がる方も共にその道を楽しむこと」と初代が定められたそうです。

という新野屋さんからお取り寄せしました。
箱の真ん中に菓子道楽の文字。カッコ良いですね。

今回は、くろ羊かんと、網代焼のセットを購入しました。

かなりピンボケしておりますが、文字が書かれた印象的なパッケージです。
開けるとこんな感じ。くろ羊かんの名に相応しく、真っ黒!
別カットから。うむ、黒い。切り分けた図。小豆と黒砂糖、寒天で出来ています。このコクのある甘さ、良いなぁ。
網代焼を撮り忘れたので、田舎あられをどうぞ。
木の芽はあおさが入っています。 くろ羊かん、一般的な羊羹よりも深い黒色をしていて、初見だとビックリします。黒糖を使っている分、通常の羊羹と異なる独特の甘みがあり、個人的にはすごく気に入りました。いいな、この羊羹。網代焼も新潟のお米を使っているからか、無限に食べられそうな美味しさでした。また食べたい。

↓楽天で購入できますよ。

 

—— 菓子道楽 新野屋 基本情報———-
〇創業年    1894年創業 / 明治27年創業
〇営業時間
・9:00-17:30 (金・土は18:00まで)
※日曜不定休・12月無休
〇住所
新潟県柏崎市駅前1-5-14
(公式サイト)⇒ 菓子道楽 新野屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です