酒処 赤垣は最高の居酒屋 / 東京 浅草 1917年創業 (大正6年)

高級店から大衆店、甘味・軽食・ディナーまで何でも老舗で揃えられる街、浅草。浅草には、居酒屋で100年超えをされている老舗 赤垣さんがあります。

1917年創業、居酒屋で100年越えの酒処 赤垣

浅草駅から10分弱の場所、国際通りとオレンジ通りの間に赤垣さんはあります。兵庫県赤穂出身の初代の方が、赤穂浪士の赤垣さんから名前をとり、赤垣となったそう(という、想像をしていると3代目の方が語っていらっしゃいます)。現在は3代目のご夫婦と、4代目となる息子さんで運営されています。

こちらが外観。由緒正しき老舗感!

せっかくなので正面のカットも。

普段あまりお酒は飲まないのですが、今回は日本酒をオーダー。雰囲気的に日本酒だよなぁ、と。突き出しのクオリティの高さから期待値が高まります。

まずは豆腐サラダから。少し酸っぱめのドレッシングがとてもよく合います。

こちらお刺身の盛り合わせ。名物のしめ鯖とクジラ、両方乗っていました。クジラはちょっと自信がなかったので聴いてみたところ、「クジラですよ。大体みなさん質問されるのはクジラです」という回答が。まあそうですよね、あまり食べる機会ないものなぁ。

そしてハムカツ。揚がり具合が最高で、厚み色見、どちらも惚れ惚れします。

以前、淡路町のみますやさんにお伺いした時も思ったのですが、100年行き残っている居酒屋さんは、ぱっと見出しているものに特徴はないように見えるんですけれど、一つ一つのクオリティが本当に高くって、食べるたびに驚かされるんです。そして、飲めないのにお酒が頼みたくなり、酔っぱらわされます。
お酒があまり飲めないので、居酒屋文化をあまり理解していないのですが、こういった老舗居酒屋さんに行ってみると、酒飲みの人の気持ちが理解できる気がします。こんな美味しいツマミがあれば飲みたくなるし、酒があるからもっと食べられる。ある意味で、酒飲みでなくって良かったな、とも思いますがw、全力で楽しめていない、という意味では人生損している気がしなくもないです。お酒好きの方、僕の代わりに全力で赤垣さんを楽しんできてください。

———赤垣 基本情報———-
〇創業年 大正6年創業 / 1917年創業
〇営業時間
17:00~23:00
※水曜日 定休日
〇住所
東京都台東区浅草1-23-3
(公式サイト)⇒正一合の店 酒処 浅草赤垣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です